セブ島

セブ島観光★中国人豪商の豪華屋敷『ヤップ・サンディエゴ・アンセストラル・ハウス』

投稿日:

PCアドセンス




 

セブ島観光では、穴場的な場所へも行ってきましたよ(゚∀゚)

 

17世紀の中国人豪商の家です🏡

『ヤップ・サンディエゴ・アンセストラル・ハウス』

当時の様子を知れる、貴重な遺産です✨

 

日本は、江戸時代が始まった頃のお話。

徳川家康が幕府を開いた時分、お殿様ではなく日本のお金持ちの商人の人達は、どんな家に住んでいたのでしょうか。

 

『ヤップ・サンディエゴ・アンセストラル・ハウス』の営業時間・料金・住所・電話番号

営業時間は、8:00~19:00

休館日は、無し。年中無休です(^^♪

 

入館料は、大人50ペソ(110円)、学生25ペソ(60円)、子供無料

 

住所;155 Lopez St. Parian

電話番号;032-514-3003

 

『ヤップ・サンディエゴ・アンセストラル・ハウス』の雰囲気

周囲をぐるりと取り囲む提灯は、当時の様子を再現しているのかな?

 

中国っぽいですね。

現存する17世紀の家屋の中で、もっとも保存状態が良いそうです。

 

たしかに、木造なのに400年もの歳月を経て、ちゃんとした家の形で残っているってすごいですね!!

『ヤップ・サンディエゴ・アンセストラル・ハウス』の見どころは、家具や食器など調度品もありますが、美しい絵画も必見✨

 

たくさんの肖像画や宗教画が飾られています。

 

井戸

今は埋められていましたが、井戸の跡もありました✋

 

ゴムボールの飾りはいらないかな・・というのが、個人的な感想(;^ω^)

 

イエスキリストなどの像

家の中に、けっこうサイズが大きい宗教的な像があります。

しかも、いたるところに・・・

 

信心深さが伺えますね☧

 

2階のリビング



ゴージャスな食器類やテーブルクロス。

 

2階建ての家で、1階は土の床、二階は木の床です。

2階へ上がる際には靴カバーを履いて、床を汚さないようにする必要あり。

 

ただ、2階へ上る時の階段が今にも底が抜けそうだし、2階の床もギシギシいっていて、かなり怖いです💦

きっと、相当高価な舶来品だったのでしょう。

 

美しい調度品✨

 

2階のベッドルーム

ベッドだけでなく、鏡台や洋服ダンスもあります。

 

ただし、この部屋の床が一番危険でした(゚д゚)!

 

歩くとゆがみます。

 

いつ底が抜けるか、時間の問題ですね・・

その前に、補修してもらえるといいですが。

 

そろばん

そろばんも発見です💛

 

そろばんは、元は中国のもので、中国では「スワンパン」と呼ばれていたそうです。

グランドピアノ

17世紀に、自宅にグランドピアノがあったなんて、どれだけ裕福な暮らしをされていたのでしょうか。

 

肖像画に描かれたお顔が美男美女ばかりで、映画の主人公のようです。

 

肖像画だと美化されて描かれた可能性もありますが、写真も素敵だったので

正真正銘、ヤップ一族が美形家族であったことがわかります。

 

必見の価値ありで、おすすめです💡

 



最後までご覧いただき有り難うございました♪


すてきなご旅行になることを祈っています^^

 



-セブ島
-

Copyright© 世界の果てまで行ってみたい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.