セブ島

フィリピン最古【サントニーニョ教会】歴史ある教会へ行ってきました

更新日:

PCアドセンス




 

セブ島の目ぼしい観光地は、数が少ないこともありますが・・

場所がぎゅぎゅっと近いところにあるので、見たいところを全部まわっても1時間くらいで見終えることができます💛

 

今回は「サントニーニョ教会」へ行ってきたので、レポしますね🌟

 

サントニーニョ教会の雰囲気

キリスト教徒の方でなくとも、綺麗なもの美しい場所が好きな方であれば、絶対に楽しめる場所だと思います(*^^*)

 

特に私は、教会のステンドグラスなどが大好きで、色のついたガラスを通して光が差し込む陽だまりみたいな空間であれば、何時間でもボーっとしていられます💕

 

入館するとまずは礼拝の場所✋

 

ぐるーーっと蝋燭が取り囲んでいて、火が揺らめいていて幻想的🔥

 

その先に、広場。

 

2階建ての屋外礼拝堂は相当大きいので、何かの催しが行われたら、さぞかし壮観でしょう✨

 

サントニーニョとは「幼きイエスキリスト」という意味だそうです💡

 

サントニーニョ教会には、マゼランがセブ島に持ち込み、セブのフアナ女王に贈ったと言われている【高さ40㎝の幼きイエス像】が収められているんだそう。

 

どれが、そのイエス像なんだろう??と思って、いろんなところをのぞきこみながら見て行きました👣

 

 

さきほどの広場の前面にある建築物の中にもなにやら小さなお人形が( ゚Д゚)

 

最初は、「あれか?あれなのか?」と思っていましたが、けっきょく違いました💦

 

教会の中に入ると人形だらけ!!

 

もう、どれが「幼きサントニーニョ」なのか、まったくわからない(゚д゚)!

 

天井も美しい✨

 

もっとこの教会の中で座って過ごし、疲れを癒したかったんですけど・・

カーチャーターしているので、そそくさと後にしました👣

 

けっきょく、「幼きイエス像」は教会の中の一番奥で、長蛇の列ができているところに並ばないと見られないことが判明し、諦めました⤵

 

50人くらいは、並んでいました(;'∀')

サントニーニョ教会では、それを見ないと帰れない!という方が多いのでしょう💭



 

サントニーニョ教会の料金

広場や教会内は、無料で見ることができます。

 

ただし、博物館へ入るには30ペソ(60円)かかるとのこと。

私たちは、入らずに次の観光地へと出発しました👣

 

サントニーニョ教会は、キリスト教徒が大半を占めるフィリピンの歴史を知るうえで、訪れておいて損はない場所です✨

 

壮観な教会のステンドグラスに癒されてくださいね☆彡



最後までご覧いただき有り難うございました♪


すてきなご旅行になることを祈っています^^

 



-セブ島
-

Copyright© 世界の果てまで行ってみたい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.