シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼎泰豊の本店のねらいめの空いている時間はいつ?最高のおもてなしと美味しさに感動。

SNSフォローボタン

フォローする

台湾で一番有名なお店と言えば、ミシュランにも載った「鼎泰豊」ですよね。

ディンタイフォンで、素晴らしい接客に感動したのでお伝えします。

鼎泰豊の雰囲気

超高級店という雰囲気ではありませんが、ちゃんとした店です。

屋台っぽさは、まったくありません。

きちんと冷暖房もきっちり効いています。

そして、何より店員さんのキビキビした動きが気持ちよく、日本語を勉強している人が多いので日本語でもある程度注文できるところも安心です。

鼎泰豊のメニューと注文方法

紙とペンを渡されるので、〇をつけて渡せばオッケーです。

メニューは日本語で書いてあるので、まったく心配はいりません。

鼎泰豊の空いている時間帯

280席もあるお店ですが、時間帯を見誤ると長蛇の列に並ぶ羽目になります。

お昼や夕食の時間などは、危険です。

オープンと同時に入店するか、15時~16時くらいの時間ならだいじょうぶとの情報を信じて16時くらいに行きましたが、待ち時間ゼロで入れました(^^♪

平日だからというのもありますが、やはり時間差で来訪するほうがせっかくの旅行の時間を無駄にせずに済むと思います。

鼎泰豊で注文したメニュー料理

小籠包

もちろん、小籠包ですね☆

いろんな味の小籠包がありますが、ふつうのものの。



10個210元(840円)です。

小籠包はすぐに冷めてしまうので、5個ずつ頼んで追加注文する方がオススメらしいですが、時間節約のために10個で頼んでしまいました。

ちなみに、5個だときっちり半額105元なので、10個のほうがお得ということはありません。

さすがの美味しさです!!

皮が薄くて、スープがたっぷり。

なかなかそういうお店って見つけられないんですよねー。

この旅行中に食べたものの中で、文句なしに一番美味しい料理でした。

汁無し坦々麺

汁なしタンタン麺。100元(400円)

残念なことに麺がふにゃふにゃだったのですが、それを補って余りあるソースの美味しさ!!

奥の深い香辛料がスパイシーで、けっこう汗をかくのですが旨みがあるので止まらない感じ。

さすがです!

エビと豚肉入りワンタン麺

エビと豚肉入りワンタン麺170元(680円)

やっぱり麺は柔らかいけれど、こちらも海老プリプリのスープのコクありまくり。

ミシュランの星付きのお店がこのお値段で食べられるなんて、嬉しいお店ですね^^

鼎泰豊のお支払方法

現金のみ。

クレジットカードは使用できません。

そこは改善してほしいです(涙)

鼎泰豊のおすすめのお土産

実は、食べるだけではなく鼎泰豊の味を持って帰ることもできるんです。

一番お手頃なものは日本の半額600円位で購入できますし、高級感もあるのでおすすめです(^_-)-☆

鼎泰豊で感動した接客

小籠包が到着してテーブルに置かれた瞬間、店員の男の子の顔が曇りました。

ん?なにか?

そう思っていると、小籠包の皮が破れているのがひとつあるから、もうひとつ交換品を持ってくるとのこと。

いや~。素晴らしいと思いませんか?

写真は撮りませんでしたが、後ほどひとつ小籠包がちょこんと乗ったせいろを持ってきてくれました。

千切りのショウガをのせて食べるのが大好き過ぎて、家でも真似してます。

全部で合計2200円でした(^_-)-☆

鼎泰豊が混んでいた時におすすめの店「高記」

鼎泰豊が長蛇の列でむりだ~~~ってなった時、すぐ近くにも小籠包が美味しいお店がありますよ。

しかも、ディンタイフォンより安いです。

東門を出て、すぐを右に曲がるとお店です。

つまり、鼎泰豊本店から徒歩10秒の距離です(;^_^A

【高記】

月ー金  10:00~22:00
土・日 8:30~22:00

台湾臺北市大安區永康街1號

鼎泰豊の場所と営業時間

東門駅5番出口を出て、まっすぐ進むこと10メートル。徒歩ですぐです!

月曜ー金曜  10:00-21:00
土・日  9:00-21:00

台北市大安區信義路二段194號

このあとの旅行はこちら

4泊5日激安台湾旅行4日目のスケジュール
4泊5日は短いです。 あっという間に最終日。 レオフーホテルで朝食 レオフーホテルの朝食も3日目ともなると慣れたもんです。 ...

最後までご覧いただき有り難うございました♪

人気ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村

すてきなご旅行になることを祈っています^^

この記事をお届けした
世界の果てまで行ってみたいの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする